投稿者「tdrk」のアーカイブ

中空コアファイバ(シリカガラス製)の連続プラズマ破壊

より強い光を伝搬可能にすべく、光を閉じ込める領域を空気にした中空コアファイバが開発されていますが、ファイバフューズに似た現象が観測されたとの報告です。ビデオ映像付き。

I. A. Bufetov, A. N. Kolyadin, A. F. Kosolapov, V. P. Efremov and V. E. Fortov: “Catastrophic damage in hollow core optical fibers under high power laser radiation”, Optics Express, 27, 13, pp. 18296-18310 (2019).

ガラス内部を起点とするプラズマ誘起穿孔

D. Tokunaga, S. Sato, H. Hidai, S. Matsusaka, A. Chiba and N. Morita: “A
novel method of triggering fiber fuse inside glass by optical breakdown and
glass drilling as its application”, Applied Physics A, 400 (2019).
doi: 10.1007/s00339-019-2691-9

ファイバフューズ類似現象をガラス片内に誘起して穿孔に用いる研究の続報です。CWとパルスのレーザー光を重ねて集光し、パルス光でプラズマを誘起しCW光でそれを成長させています。ビデオ映像付き。

解説「ファイバフューズ現象」

プラズマ・核融合学会誌の小特集「誘電体光学材料の損傷」に記事を寄稿しました。ファイバフューズ現象を散逸ソリトンの視点から完結にまとめて、2年前の論文の内容を紹介しました。オープンアクセスです。表紙をクリックして目次のPDFファイルを表示させ、記事をクリックしてください。

4/22(日)のNIMS一般公開で実験公開

4/22(日)のNIMS一般公開で実験公開

ファイバフューズの公開実験を行います。NIMS一般公開2018の並木地区のNo.3です。各回先着20名(計4回80名)の限定公開となりました。

2018-04-13: 時事ドットコムニュースにてご紹介いただきました。

2018-04-23: 東京新聞茨城版にてご紹介いただきました。

論文「Quantitative evaluation of fiber fuse initiation with exposure to arc discharge provided by a fusion splicer」

ファイバフューズの点火現象を初めて定量的に評価しました。融着接続器を使うので、再現性も確保されていると自負しています。

S. Todoroki: “Quantitative evaluation of fiber fuse initiation with exposure to arc discharge provided by a fusion splicer”,
Scientific Reports, 6, 25366 (2016). doi: 10.1038/srep25366